"

高く売りたい [仲介売却]・
買取・ローンでお困りの方[任意売却]

  • ホーム > 
  • 高く売りたい [仲介売却]・買取・ローンでお困りの方[任意売却]

「仲介売却」はこんな方に
おすすめ!

「仲介売却」はこんな方におすすめ!

仲介売却とは、不動産会社がノウハウやネットワークを活用することで不動産の良さをしっかりアピールし、購入希望者を探す売却方法です。多少時間がかかったとしても、できる限り高い金額での売却を望むなら、仲介売却をご検討ください。

こんなお悩みありませんか?
  • 家族が増え、広い家に住み替えたい
  • 二世帯住宅を検討している
  • リモートワークになったので、郊外の広い家に住みたい
  • 相続した実家に住む予定がないので、売却したい
  • 買替の資金にしたいので、できる限り高い金額で売却したい
    このような理由から不動産売却をご検討している方は、ぜひ当社にご相談ください。

仲介売却とは?

仲介売却とは?

不動産売却には、大きく分けて2つの売却方法があります。それが、不動産会社がお客様に代わって購入希望者を探し、売買契約・引き渡しまでをサポートする「仲介売却」と、不動産会社自身が買主となる「不動産買取」です。仲介売却では、不動産会社がインターネットや店頭広告などによって販売活動を行い、売却を一貫してサポートします。また、売買成立の際は、「仲介手数料」をお客様が不動産会社に支払います。

仲介売却のメリットと注意点とは?

仲介売却のメリットとは

仲介売却のメリットとは

仲介売却の最大のメリットは、その道のプロである不動産会社のスタッフがサポートしてくれる点にあります。経験やネットワークを駆使し、購入希望者を探してくれるだけでなく、売却・引き渡しまで不動産会社に任せることができるので、お客様の負担を抑えられるのが強みです。当社では、売却がスムーズに進められるよう、お客様のご要望や疑問点にしっかり対応いたします。もちろん、アドバイスもさせていただきますので、安心してお任せください。

また、売り出し価格はお客様の希望が反映されますので、「この価格でなければ売却したくない」という希望額がある場合にも、仲介売却はおすすめです。

仲介売却の注意点とは

仲介売却の注意点とは

仲介売却では、購入希望者が現れなければ売却を進めることができません。そのため、市場価格より大幅に高い金額で売り出したり、売却条件が厳しいものだったりすると、売却完了までスムーズに至らないケースもあります。

一般的に、仲介売却では3~6カ月程度で売却が完了するパターンが多いですが、それ以上の期間がかかる可能性も否めません。売却スケジュールが立てにくい点も、仲介売却の注意点です。

媒介契約の種類

一般媒介契約

一般媒介契約

一般媒介契約では、複数の不動産会社に仲介売却を依頼することができます。また、並行してお客様自身が買主を見つけた場合、不動産会社の仲介なく売却することが可能です。お客様にとって一番自由度の高い媒介契約ですが、一方でレインズの登録やお客様への活動報告は、不動産会社の任意となっています。積極的な販売活動が行われているか把握しづらくなるため、注意しなければなりません。

専任媒介契約

専任媒介契約

専任媒介契約では、依頼できる不動産会社が1社に限定されます。そのため、安心して任せられる不動産会社をしっかり選んだうえで依頼をしましょう。また、この契約形態ではお客様自身が買主を見つけた場合、一般媒介契約同様に不動産会社の仲介なく売却することが可能です。ただし、不動産会社によっては販売活動にかかった実費を請求されるケースもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、専任媒介契約同様に依頼できる不動産会社が1社に限定されるほか、お客様自身が買主を探して売却することもできなくなります。媒介契約の中で最も拘束力の高い契約になりますが、その分不動産会社の責任も重いのが特徴です。レインズへの速やかな登録や、こまめな活動報告が不動産会社には求められます。より積極的な販売活動を期待できる点が、専属専任媒介契約の魅力です。

Pick Up!
安易な一括査定サイトの
利用にご注意ください!

Pick Up! 安易な一括査定サイトの利用にご注意ください!

インターネットなどで見られる、複数の不動産会社への「一括査定依頼」は、その手軽さから多くの方に利用されています。

しかし、一括査定は不動産会社にとっても競争の場であるため、「少しでも自社に依頼してもらう確率を高めよう」と、実際には売却が難しくなる「相場よりも高い査定額」を提示してくる会社も存在します。「高い金額を提示してくれたから」と安易に依頼してしまうと、なかなか売却できずに時間が過ぎてしまったり、売却できないからと値下げを提案されたりするケースも多々あるため、警戒が必要です。

このほか、一括査定依頼だとお客様の氏名や住所、不動産情報などが多くの会社に知られてしまい、個人情報保護の面でも懸念があります。手間はかかったとしても、まずは不動産会社の候補を絞り、安心して任せられそうな不動産会社に査定を依頼する方が安心できるでしょう。

「不動産買取」はこんな方におすすめ!

「不動産買取」はこんな方におすすめ!

不動産買取は、不動産会社自身が買主となるため、販売活動が必要なくスピーディーに売却できる方法です。また、仲介売却では売却後、物件に不具合が見つかった際に瑕疵担保責任が発生し、多額の修繕費を請求されるリスクがありますが、不動産買取なら瑕疵担保責任を問われる心配はありません。そのため、不具合が出やすい古い家屋売却にも、不動産買取がおすすめです。

こんなお悩みありませんか?
  • ご近所に知られず売却したい
  • 急な転勤で売却を早く完結させたい
  • 事業資金に回したいので、早く現金化したい
  • 老朽化した実家を相続したが、住む予定がないので売却したい
  • 買替を検討しているので、早く売却して新居の購入資金に充てたい
    こうした理由から不動産売却をご検討中なら、ぜひ当社にご相談ください。

不動産買取とは?

不動産買取とは?

不動産売却には、不動産会社自身が直接買主となってお客様の物件を購入する「不動産買取」と、会社が売却までをサポートする「仲介売却」の2種類があります。不動産買取は、売却額や売却条件に合意すれば即売却できるため、「素早く現金化できる」、「売却スケジュールを確定させやすい」などの強みがあります。

不動産買取のメリットと注意点とは?

不動産買取のメリットとは

不動産買取のメリットとは

不動産買取の最大のメリットは、短期間で不動産を現金化できる点です。購入希望者を探す時間も手間もかからないため、金額や条件面で双方合意ができれば、すぐにでも現金化できます。そのほか、仲介売却では発生する「仲介手数料」が発生しない、瑕疵担保責任の免責や手間のかかる内見対応がない点など、不動産買取には多くのメリットがあります。

また、老朽化の進んだ建物の場合でも解体やリフォームを行う必要はなく、そのままの状態で売却可能なため、追加経費がかからない点も魅力です。

不動産買取の注意点とは

不動産買取の注意点とは

不動産買取は仲介売却と比べて手間も時間もかからない一方、売却価格が低くなることが注意点として挙げられます。不動産会社は物件購入後にリフォームをしたり、更地化したりすることで、市場のニーズに合わせた「売りやすい物件」にしてから売却します。これにかかる経費の分だけ、買取価格が低くなるため、注意しなければなりません。

Pick Up! 
神奈川県小田原市周辺の不動産買取なら株式会社ホームズへ

Pick Up! 神奈川県小田原市周辺の不動産買取なら株式会社ホームズへ

小田原市を中心に、多くのお客様の不動産取引に携わってきた当社なら、お客様のご要望に合わせた売却プランのご提案が可能です。業界40年以上の豊富な経験を持つ代表自らが対応。地域密着の利を活かした販売ネットワークで、より良い不動産買取額のご提示をしています。「他社で断られた」「複雑な相続案件で困っている」といった場合でも、弁護士や司法書士、測量士などの専門家と連携しているため、安心してお任せいただけます。まずはお気軽に当社までご相談ください。

「任意売却」、すべてお任せ
ください!

「任意売却」、すべてお任せください!

住宅ローンを組んだ際には予測しえなかった事態が発生し、ローン返済に頭を抱えることになるリスクも十分考えられます。住宅ローンの滞納が続けば、金融機関から大切なご自宅を差し押さえられ、競売にかけられてしまう事態となりかねません。そうなる前に、早めに当社にご相談ください。秘密厳守で対応しておりますので、安心してお任せいただけます。

こんなお悩みありませんか?
  • 来月分の返済のあてがない
  • 滞納して督促状が届いた
  • 競売になると周囲に知られてしまう
  • 競売の通知が届いた
    こうした住宅ローンのお悩みをお持ちなら、ぜひ当社にお早めにご相談ください。

任意売却とは?

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローン返済の義務を負う債務者と、住宅ローンを提供する債権者の間で協議し、債務整理の一環として行う売却方法です。住宅ローンを利用して購入した不動産物件には、債務者が滞納した際に債権者が物件を差し押さえて競売にかけられる「抵当権」がつけられています。

競売は市場価格よりも3~5割程度低い売却価格から開始されるため、仲介売却よりも安い金額で売却される可能性が高くなるでしょう。しかし、任意売却であれば、市場価格に近い金額での売却が可能となり、競売での売却に比べて残債を減らすことが期待できます。

任意売却のメリットと注意点とは?

任意売却のメリットとは

任意売却のメリットとは

任意売却のメリットとして、競売よりも高い金額で売却が可能であり、債権者である金融機関との交渉が可能な点が挙げられます。競売でも任意売却でも、売却額によってローンを完済できなければ、残債分の返済が続くことに変わりありません。だからこそ、より高い金額で売却できれば、その分残債を減らせるため、返済が楽になります。

競売の場合、売却額はすべて債権者のものとなる一方、任意売却であれば債権者との交渉次第で、引っ越し費用や転居先との契約のための資金を残しておくことも可能です。売却後の新生活を立て直すためにも、住宅ローンでお悩みなら任意売却をおすすめします。当社は経験豊富な代表はもちろん、弁護士などの各種専門家と連携しておりますので、安心してお任せください。

任意売却の注意点とは

任意売却の注意点とは

任意売却は、いつでも選択できるわけではありません。住宅ローンを滞納してから6カ月以上が経過すると、競売が開始される可能性が高まり、その場合は任意売却ができなくなります。住宅ローンの返済が難しくなってきたと感じたら、早めに不動産会社などへ相談することが大切です。

また、債務者からの「売却できそうな金額」と債権者の「求める金額」との差に隔たりがある場合、金融機関が任意売却に応じてくれないケースもあります。また、ローン支払いの督促に対して真摯に対応していないと、「信頼できない債務者」として任意売却を拒否されるケースもありますので、注意しなければなりません。

競売と任意売却の違い

※表は左右にスクロールして確認することができます。

違い 競売 任意売却
売却価格 市場価格より3~5割程度低く売却 市場価格に近い金額で売却可能
残債の返済 交渉の余地はなく、競売後も完済するまで厳しい返済が続く 債権者との交渉次第では、毎月の返済額の減額が可能
プライバシー 競売物件として新聞や公告に掲載されるほか、裁判所から執行官が物件調査に派遣され、周囲に知られるリスクあり 通常の売却と同様に進めるため、住宅ローンの滞納を周囲に知られるリスクがない
引っ越し代 なし 交渉次第では、売却益から引っ越し代を残すことも可能
退去日 強制退去 債権者との交渉で決定
新生活 住む場所を失い、新生活を始める費用を残せないため、見通しが立てづらい 交渉次第では、転居先契約費用や生活費などを残すことも可能で、新生活の見通しが立てやすい

任意売却ができる期間とは?

※表は左右にスクロールして確認することができます。

任意売却可能 滞納前 滞納まで至らなくても、毎月の返済やボーナス払いなどの見込みがつかなくなり始めたら、早めにご相談ください。
滞納から3カ月 金融機関などの債権者から、催告状や督促状が届き始めます。そのまま放置していると、一括返済を求める「一括弁済通知」が届きます。
滞納から4カ月 競売開始決定通知が届きます。4カ月から5カ月後には競売にかけられ、強制退去が求められるでしょう。
滞納から5カ月 競売の物件調査のため、執行官が物件の写真や近隣への聞き取りなどを行います。競売情報に興味のないご近所にも、競売の事実を知られてしまうでしょう。
任意売却不可 競売開始 競売開始となり、強制立ち退きが求められます。この段階になると、任意売却は行えません。

Pick Up! 競売にかけられる前に株式会社ホームズへご相談ください!

Pick Up! 競売にかけられる前に株式会社ホームズへご相談ください!

社会的に不安定な要素が続く現在では、住宅ローンの返済に悩む方は珍しくありません。選択肢が多いうちにご相談いただければ、任意売却はもちろん、そのほかの売却方法を選択することも可能になります。リスクの高い競売にかけられる前に、ぜひ当社に早めにご相談ください。法律の専門家である弁護士とも連携し、お客様にとってより良いご提案をさせていただきます。

小田原市近隣での不動産売却をご検討中なら、ぜひお気軽にご相談ください。任意売却はもちろん、仲介売却や不動産買取など、お客様のご要望に合わせた売却のサポートを行っております。