"

売却成功のポイント・
よくあるご質問

  • ホーム > 
  • 売却成功のポイント・よくあるご質問

不動産売却を成功させる秘訣をご紹介します!

不動産売却を成功させる
秘訣をご紹介します!

小田原市で戸建てやマンションなどの不動産売却をご検討中なら、創業から30年の間、地域密着を続けてきた「株式会社ホームズ」にお任せください。多くの方にとって、不動産売却は何度も経験することではないでしょう。だからこそ、不動産売却を検討する際はしっかりとした情報収集を心がけ、安心して売却を行えるようにしたいところです。こちらでは、不動産売却を成功させるポイントや、売却時のよくあるご質問などを紹介します。

失敗しない不動産会社の
選び方

失敗しない不動産会社の選び方

不動産売却を失敗しないため、大切なのがパートナーとなる不動産会社選びです。ここでは、どのような不動産会社がパートナーとして適切かについて紹介します。

売主の状況や要望をしっかり聞いてくれるか

売主の状況や要望をしっかり聞いてくれるか

お客様にとって満足度の高い不動産売却を実現するため、大切なのが「不動産会社の姿勢」です。お客様の要望は二の次で、スタッフが一方的に話していたり、会社側の都合ばかりを押し付けてきたりする不動産会社では、「売却して良かった」とは感じにくいでしょう。

当社では、お客様の想いやご希望を丁寧に伺い、不安や疑問点なども一つひとつしっかりと解決。より良い売却を実現するため、お客様からお話を伺う時間を大切にしています。まずはどんなことでも、株式会社ホームズまでお気軽にご相談ください。

地元の特性を理解しているか

地元の特性を理解しているか

不動産売却では、市場全体の情報はもちろん、物件のある地域の特性や状況を把握できる「地域情報網」を取得しているかが、売却を成功に導く「キーポイント」となります。地元の事情を把握している不動産会社なら、スムーズな売却につなげるためのノウハウやフットワークの良さを備えており、大きな強みとなるでしょう。

当社は、小田原市を中心とする地域に密着してきた不動産会社として、多くの不動産売却に携わってまいりました。小田原市周辺の不動産売却をご検討中なら、ぜひ当社にお任せください。

査定額の根拠を明確にしているか

査定額の根拠を明確にしているか

不動産売却では、不動産会社が物件の価値を調査するための査定を行います。そのうえで、売却価格を決定する際の判断材料となる「査定額」を提示するのが、一般的な手順です。しかし、調査の内容が不適切だったり、市場動向などの情報量が不足していたりする場合、正確な査定額の算出ができません。

不動産売却を成功させるため、必要となるのが精度の高い査定です。提示された査定額について、「根拠を明確に示して説明できるか」は、不動産会社を選ぶ際の判断材料になります。しっかりとチェックしておきましょう。

Pick Up!
高額査定にご注意!
適正価格で査定を行う
不動産会社を選びましょう

Pick Up! 高額査定にご注意!適正価格で査定を行う不動産会社を選びましょう

不動産を売却するなら、可能な限り高額で売却したいと多くの方が考えるかもしれません。しかし、「より高い査定額を提示した不動産会社と契約する」という考えは危険です。理由として、自社との契約につなげるため、根拠に乏しい高額な査定額を提示する不動産会社は存在します。

相場よりも高い金額で販売活動を始めると、なかなか購入希望者が現れず、スピーディーな売却ができません。結果として、不動産会社側から売却価格の見直しを求められるケースもあります。スムーズな売却を図るには、市場における不動産の価値を正確に見極めたうえで、適切なアドバイスができる不動産会社を選ぶ意識が大切です。

不動産売却時にかかる費用や税金について

売買契約時に発生する費用
印紙税

不動産の売買契約書締結に貼付する印紙は、契約書に記載される売買価格によって異なります。

記載金額 印紙税額
500万

1,000万円
5,000円
1,000万

5,000万円
10,000円
5,000万

1億円
30,000円
1億~5億円 60,000円

※上記は令和4年3月31日までの軽減措置になります。

仲介手数料

不動産会社を通じて売買が成立した場合、不動産会社に対して成功報酬となる「仲介手数料」を支払います。仲介手数料は不動産の売却価格によって異なりますが、上限については宅地建物取引業法によって定められています。

売却価格
(税別)
仲介手数料
(上限)
200万円以下 売却価格×5%
200万~400万円 売却価格×4%

2万円
400万円以上 売却価格×3%

6万円

※仲介手数料には、別途消費税がかかります

登記時に発生する費用
抵当権抹消費用

住宅ローンを利用することで購入した物件には、金融機関からの「抵当権」が付けられています。住宅ローンの残債がある物件を売却する場合、抵当権を抹消する手続きが必要です。また、登録免許税のほか、手続きを司法書士に依頼した際は司法書士への報酬も発生します。

表示登記費用

古い家屋などを相続した場合、建物の登記がされていないケースもあります。この場合、測量や建物の図面作成が必要となるため、土地家屋調査士に登記申請を依頼することになるでしょう。その際は、登録免許税のほか、土地家屋調査士への報酬が必要になります。

地積更正・境界確定による登記費用

すでに登記されている面積と実際の土地面積が異なる場合、正しい地積を登記しなおさなければなりません。また、相続などで土地をわけて所有する「分筆」を行う際にも、登記が必要です。

売却後に発生する費用
譲渡所得税などの税金

不動産が購入時よりも高い金額で売却できた場合、譲渡所得税として税金が発生します。ただし、売却にかかった経費については、差し引きが可能です。計算式は、以下になります。
■課税譲渡所得=売却価格-(購入費用+売却経費)

譲渡所得の税率は、不動産を所有していた期間によって異なります。また、戸建てやマンションなどの自宅を売却した場合は、特別控除として最大3,000万円を譲渡所得から差し引くことができます。くわしくは、当社スタッフにお問い合わせください。

査定評価のポイント

査定評価のポイント

高い精度が求められる査定では、さまざまな箇所を調査・確認していきます。査定額が高くなるポイントには一定の条件がありますので、ここで紹介します。売却を検討されている物件が当てはまるか、チェックしてみましょう。

査定で評価されやすいポイントをチェック!
間取り
  • 生活動線を考えた間取りとなっている
  • 家具や家電が配置しやすくなっている
水回り
  • キッチンやトイレ、バスルームなどが清潔な状態に保たれている
通気性
  • 風通しが良い
  • 湿気がこもらない
周辺環境
  • 駅からの距離が近い
  • 近隣に生活に必要な学校やスーパー、病院、公共施設などがある
家の向き
  • 日当たりが良い
  • 近くに高い建物がない
面している道路
  • 4m以上の幅員がある道路に面している
方位
  • 道路が南側に面している
  • 角地にある
形状
  • 建物が立てやすい長方形や正方形に区画されている
  • 狭小地や旗竿地などではない
状態
  • 築年数の古い建物がない
  • 残置物などがない(空き家・空き地)
段差
  • 道路と土地に段差がない

このほか、増税や経済の動向によっては、査定結果に差が出ることもあります。

Pick Up! 査定価格をアップさせるためには?

Pick Up! 査定価格をアップさせるためには?

お客様の大切な不動産をより高い金額で売却するためには、「物件の良さ」をしっかりアピールできるかがポイントです。不動産会社はその良さを知ることで、「高い査定額」をご提案できるほか、販売活動においても購入希望者にPRすることになります。

だからこそ、「室内外の掃除」「室内換気による生活臭・ペット臭の除去」「室内を照明などで明るくする」などを意識しておくと、より良い状態で査定に臨めるでしょう。このほか、「過去にリフォームしている」「床暖房完備」など、一見するだけでは判断できない部分についても、査定時に伝えると評価アップにつながります。

よくあるご質問

小田原市で戸建てやマンションの不動産売却をご検討中なら、創業30年、地域密着を続けてきた「株式会社ホームズ」にお任せください。これまで多くのお客様から、不動産売却についての疑問が寄せられてきましたが、ここでは特に多かったご質問についてQ&A方式で紹介しています。不動産売却をご検討中なら、こちらで情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

費用について

Q相談や査定をお願いすると費用が発生しますか?
Aいいえ、当社ではご相談や査定は無料で対応しております。安心してご相談ください。
Q不動産売却時、どのような経費がかかりますか?
A売却方法などによって異なりますが、仲介売却や任意売却であれば「仲介手数料」、住宅ローンを返済中の物件であれば「抵当権抹消手続きにかかる費用」、売却益が出たら「譲渡所得税」などの経費が発生します。このほかの費用については、お気軽に当社までお問い合わせください。
Q途中で売却を止めても仲介手数料はかかりますか?
A仲介手数料は成功報酬でいただいております。売却が完了しない限り、手数料を請求することはありません。
売却にかかる費用については、こちらでもくわしくご紹介しています

査定について

Q事前に用意しておくものはありますか?
A

可能な範囲で以下の情報をご準備いただけると、スムーズに手続きを進められます。

  • 不動産物件の住所
  • 不動産物件の種類(戸建て・マンション・空き地など)
  • 居住中か空き家か
  • 土地や建物の面積・間取りなど
  • 築年数
  • 希望する売却時期
Qほかの会社に査定の依頼をしてもいいでしょうか?
Aもちろんです。複数社にご依頼いただいて構いませんので、ご安心ください。
Q売却するか決めていない状態ですが、査定を依頼してもいいですか?
Aもちろんです。「今後のために知っておきたい」「遺言書を書くための目安として知りたい」などの理由でも、ぜひ査定をご依頼ください。
査定についてはこちらでもくわしくご紹介しています

売却について

Q住みながら売却を進めることはできますか?
Aはい、できます。物件に住みながらでも売却を進めることはできるので、ご安心ください。多くのお客様が住みながら、販売活動をされています。
Q販売活動とはどのようなことをするのでしょうか?
A当社ではインターネットを活用した広報活動や、折り込みチラシ、ポスティング、店頭広告など、さまざまな販売活動を実施しています。また、多くの不動産会社が加入している不動産情報システム「レインズ」への登録も行っているため、幅広いエリアから購入希望者を探すことも可能です。
Qご近所に知らないように売却することは可能ですか?
A可能です。お客様からのご要望があれば、ご近所の方々に知られるリスクが少ない方法で販売活動を行います。ご希望の際は、お気軽にお申し出ください。

買主様の見学について

Q急に買主の方が見学に来ることもありますか?
Aいいえ。事前に買主様には、見学日程をご相談のうえで調整します。当日、急に伺うことはありませんので、ご安心ください。
Q事前に準備しておくことはありますか?
A普段の生活のままで構いません。しかし、可能な範囲で「掃除」「換気」「照明器具の点灯」などを意識していただくと、購入希望者に好印象を与えやすくなります。

手続きについて

Q不動産売却ではどのような手続きが必要ですか?
A仲介売却や任意売却の場合は、お客様と不動産会社とで「媒介契約」の締結を行います。また、お客様と購入希望者間での合意が整えば、「売買契約」が締結されます。

契約について

Q媒介契約は必ず締結しなければなりませんか?
A仲介売却や任意売却は、不動産会社とお客様との間で媒介契約を締結するよう、宅地建物取引業法で定められております。媒介契約には、販売活動の内容や仲介手数料などの重要な事項が記載されていますので、内容は必ずご確認ください。
Q売却代金はいつ受け取れますか?
A一般的には、売買契約締結時に一時金、引き渡し時に残金が支払われる流れとなります。

買替について

Q買替で注意することはありますか?
A買替では、売却と購入のタイミングが一番のポイントです。売却が決まってから新居を購入するのか、新居が決まってから売却を始めるのか、お客様のご希望を伺ってから進めることになります。どちらにもメリット・デメリットがありますので、まずはお気軽にご相談ください。

空き家・空き地について

Q空き家を放置するとリスクがあると聞きますが、なぜですか?
A適切に管理されていない空き家は、犯罪の温床になったり、ご近所トラブルの原因になったりするケースが多く報告されています。放置した空き家は劣化が進みやすく、いざ売却しようと思っても、解体やリフォームをしなければ難しいという事態になりかねません。適切に管理できない空き家は、早めの売却がおすすめです。
Q使う予定のない空き地を相続したがどうすればいいでしょうか?
A将来的にも活用する予定がない空き地なら、売却によって早めに現金化することをおすすめします。空き地のままにしておくと固定資産税がかかるだけでなく、犯罪やトラブルの原因になりかねません。当社では、空き地の利活用についてもご提案が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

安心して売却活動をお任せいただける不動産会社として、これからもお客様に寄り添った対応を心がけてまいります。小田原市近隣で不動産売却をご検討中なら、ぜひお気軽にご相談ください。